Macで無料FTPソフトFileZillaを使ってエックスサーバーと接続する方法

アクセス解析やクリック解析といった、アクセス数やクリック数などを知る事ができるツールにはたくさん種類があって

無料のものから有料のもの、ダウンロードしてそのまま使えるものから、WordPressのように、サーバーに設置して使用するものもあるんですね。

 

その中で、サーバー設置型のツールを使うには、もちろんサーバーに設置しないといけないわけです。

じゃあ、どうやってサーバーに設置するのかと言うと、パソコン側とサーバー側でファイルのダウンロードやアップロードといった、ファイルのやり取りができる「FTPソフト」使って設置していくんですね。

Windowsをお使いの方なら「FFFTP」というソフトが有名ですよね♪

でもそのFFFTPというソフトはWindows専用のソフトなんです。

 

そう、もうおわかりですよね・・(笑)

 

じゃあMacは!?

 

って事なんです。

 

そこで今回は、Macでも使用できるFTPソフト「File Zilla(ファイルジラ)」のダウンロードとインストール方法にXserver(エックスサーバー)設定、サーバーとの接続の方法について紹介していきます!

 File Zilla(ファイルジラ)をダウンロードしよう!

まず初めにこちらのリンクからファイルジラをダウンロードしていきます。

File Zilla(ファイルジラ)ダウンロードはこちら

リンクにアクセスすると、このような画面が表示されます。

赤で囲った「Download FileZilla Client」をクリックします。

次にこのような画面が表示されますので、「Download FileZilla Client」をクリックします。

こちらの画面が表示される場合は、赤で囲った「Download」をクリックして頂くと、ダウンロードが開始されます。

これで、ダウンロードの作業は終了です。

補足
「Mac App Store」の方は有料版のダウンロードになります。

 

あなたが選択された保存先に、zip形式でファイルジラのインストーラーが保存されているので、ダブルクリックで開きましょう。

「FileZilla-installer」が表示されましたら、そちらをクリックします。

するとこのような画面が表示されますので、「I Agree」をクリックすると、インストールが始まります。

このような画面が表示されますとインストール完了です!

「Done」をクリックし、ファイルジラを開きましょう。

設定とXserver接続方法

ファイルジラを開くと、このような画面が表示されます。

英語表記のままだと、わけがわからないですよね。。(笑)

日本語表記にするには、「FileZilla」→「Setting…」の順にクリックします。

この画面が表示されましたら、左にあるメニューの中から「Language」をクリックし、「Japanese(ja_JP)」を選択し「OK」をクリックします。

ここで、ファイルジラを再起動(一旦閉じてから、もう一度開く)して頂くと、日本語表記に変更されています。

日本語表記に変わりましたら、「ファイル」→「サイトマネージャー」の順にクリックします。

ここから、Xserver(エックスサーバー)に接続する設定をしていきます。

【一般】タブになっていることを確認してください。

あなたの画面では、②の所にはまだ何もない状態だと思いますので、①「新しいサイト」をクリックし、②の所にあなたのサイトが表示されたら、あなたのサイト名に変更しておきます。

次に③の入力欄に入力していきます。

 

まず【ホスト】には、「FTPホスト」を入力するのですが、「何それ・・」って方も多いかと思います。

FTPホストは、あなたがエックスサーバーに契約した際に送られてくる「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」という件名のメールに書かれていますので、そちらを確認しながら入力しましょう。

 

【プロトコル】は「FTP−ファイル転送プロトコル」を選択します。

次に【ログオンの種類】は「通常」を選択します。

 

その下にある【ユーザー】と【パスワード】には、「FTPユーザー」と「FTPパスワード」を入力します。

こちらも、エックスサーバーに契約した際に送られてくる「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」という件名のメールに書かれていますので、そちらを確認しながら入力しましょう。

 

次に【背景色】であなたの好みのカラーを選択すると、背景色が変えられます。

ここまでの入力が完了しましたら、④の【転送設定】タブをクリックします。

このような画面になるので、転送モードを「アクティブ」を選択し、「接続」をクリックします。

もしかすると、赤く囲ってある場所に「ディレクトリ一覧を取得中・・」と一定時間表示され「エラー:  ディレクトリ一覧表示の取り出しに失敗しました」と表示されて、エックスサーバーと接続できない場合があります。(僕も接続できませんでした)

そんな時は慌てず、先ほど設定した、転送モードを「アクティブ」ではなく「規定値」を選択し「接続」してみてください。

僕の場合、「転送モード」を「アクティブ」から「規定値」に変えることで接続できました。(原因はわかりませんが。。)

 

で、左下の赤く囲ってある部分が「あなたのパソコン側」で右下の青く囲ってある部分が「サーバー側」となります。

「あなたのパソコン」から「サーバー」にファイルをアップロードしたい場合や、「サーバー側」のファイルを「あなたのパソコン」のダウンロードしたい場合も、ドラッグ&ドロップで簡単にできてしまいます。

ファイルジラでの作業が終われば「サーバー」→「切断」の順にクリックする事で、サーバー接続が切断されます。

 

まとめ

 

FileZilla(ファイルジラ)のダウンロードから設定、Xserver(エックスサーバー)の接続まで紹介させていただきました。

僕はMacを使っているので、FTPソフトが必要な時に一苦労しましたよ〜(笑)

僕が実践してきた教材、アンリミで紹介されているFTPソフトも実はWindows専用ソフトのFFFTPだったりするので・・

Macをお使いの方のお役に立てればと思います♪

 

 ☆あなたのクリックが励みになります☆

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

2 件のコメント

  • こんにちは!
    私もMacでFilezilla&Xサーバー使ってますよ(^-^)
    今でこそ慣れましたが、最初は
    とても苦労しました。

    てるしんさんの記事にめぐりあえて
    いたらなあと思いました。

    Macの情報って少ないですからね。
    これからもいろいろな情報
    よろしくお願いいたしますm(__)m

    応援して帰りますね。

    • ロコさん、ご訪問ありがとうございます。

      ロコさんもMacをお使いなんですね^ ^
      それにFilezillaとXサーバーまで

      ロコさんにそう言って頂けると嬉しいです♪
      少し照れくさいですが(笑)

      Macの情報ってあるようで少ないですよね。

      基本はやっぱりWindowsって部分があるので
      しょうがないのかもしれないですけど

      Macをお使いの方のお役に立てると幸いです^ ^

      ロコさん、コメントありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です